心のバランスもタンパク質ケア|タンパク質研究所

タンパク質と心ケアの話

体の内側から活性化し、快適で安定した心を作る。

酒井麻衣さん

ヨガインストラクター 酒井麻衣さん

現在ではダイエットや健康法としてもブームとなっているヨガですが、本来の目的は「快適で安定した心を作ること」。ポーズでは体の歪みが矯正され、柔軟性や体力が向上するなどの効果がありますが、そこにゆったりした呼吸や瞑想を組み合わせることで、集中力が高まり、おだやかで揺るぎない精神状態を作りだすことができます。

ヨガインストラクターの酒井さんに、豊かな女性のライフスタイルについてうかがいました。


エイジレスな体をつくり、
ストレスを緩和する

筋肉伸縮と深い呼吸によってリンパの流れや血行がよくなり、細胞も活性化されることで、免疫力がアップします。また、便秘の緩和など、腸内環境を整えて体内をきれいな状態にしてくれます。こういった浄化作用は、心身ともにすっきりとした心地よさを得られるだけでなく、肌の老化防止にもつながります。

疲労回復効果のあるポーズや瞑想などで、リラクセーションを得ることで、不安やイライラした気持ちは落ち着き、ストレスがやわらぎます。不眠や片頭痛など、ストレスによる様々な病気の予防となるとともに、ポジティブで安定したメンタルバランスを保つことができます。


ホルモンバランスを整えバランスのよい体をつくる

バランスのよい体を作り、代謝を上げ、血液の循環をスムーズにしてくれるヨガは、冷え、肩こり、むくみなどの改善にも効果があります。またホルモンバランスを整える効能もあるので、女性特有の更年期障害や月経による不快症状などの緩和も期待できます。ホルモンはタンパク質なので、心のバランスもタンパク質ケアなのです。

また自分を見つめ直す時間とリラックス効果も与えてくれるため、ちょっとした空き時間にマット1枚分のスペースで行えるので、多忙でストレスフルな現代人に適したエクササイズともいえます。単なるエクササイズに留まらず、ヨガの精神を探究し、心と体、自然との結びつきまでも感じられるようになれば、日々の生活もずっと美しいものに変わるはずです。


セルフコントロールのできる魅力的な女性を目指して

ヨガをすることで、体・呼吸・心を通して、本来の自分と向き合い、そして自分の人生を見つけて、より自分らしくいられるようになれます。また、心は穏やかに落ち着きを持ち、想像力にあふれ、魅力ある女性としてイキイキと輝きを放つようになります。そして幸せな人生を送ることができます。とても不思議なのですが、これがヨガの魅力ですね。


酒井 麻衣

ヨガインストラクター

酒井 麻衣(さかい まい)

自然との調和という潜在的な感性を磨くためヨガを始める。2008年に全米ヨガアライアンス(資格)を取得し、インストラクターとして指導を始める。ヨガを通して人とのかかわり、心教育の大切さを提唱。


タンパク質の基礎知識

今すぐはじめるタンパク質ケア


ページの先頭へ