正しいお手入れが髪のタンパク質を守る|タンパク質研究所

タンパク質とヘアケアの話

美しい髪を手に入れる方法はタンパク質をケアすること。

河瀬謙介さん

ヘアスタイリスト 河瀬謙介さん

紫外線や乾燥、ブローによる熱など髪は毎日ダメージをうけやすい環境にさらされています。髪の毛も肌と同様にタンパク質そのもの。ダメージをケアするためには何が必要なのでしょうか。

ヘアスタイリストとしてたくさんの女性の髪のケアをしている河瀬謙介さんに、タンパク質に着目した美しい髪を手に入れるためのヘアケアについてうかがいました。


食事からタンパク質を摂取し、
髪の栄養素を補給することが大切

髪の栄養素であるタンパク質ですが、タンパク質は筋肉・爪・皮膚・臓器など生きていくために必要な身体のさまざまな部分を構成しています。生命維持とは直接関係のない髪の毛は、タンパク質が消費される優先順位が低いので日頃から不足しないようにしておく必要があります。特にダイエットや筋トレなどを行っている場合、タンパク質が消費されやすいので注意が必要です。また、バランスの悪い食事は身体にとっても、髪にとっても栄養不足(タンパク質不足)になってしまいます。だからこそ積極的に食事からバランスよくタンパク質を摂取し、健康的な髪を生み出す原料を常に補給する必要があるのです。


美容院でも注目されている髪のタンパク質ケア

わたしたち髪の専門家にとってダメージヘアにタンパク質補給が大切であることは周知の事実。カラーリングやパーマの時に少しでもダメージが緩和されるよう、薬剤にタンパク質を混ぜたり、薬剤を塗布する前にタンパク質を内部に浸透させることで髪のダメージを最小限に抑えています。

同時にキューティクルの保護も重要。CMC(細胞膜複合体)と言われる組織がありますが、このCMCがキューティクルの細胞同士を接着する役割を果たしています。CMCがダメージを受けるとキューティクルが剥がれたり、タンパク質が流出しやすくなるため、CMC配合トリートメント剤でCMCを補うことも大切です。

さらに毎日のシャンプーでもタンパク質をケアし、補うことが重要。アミノ酸系シャンプーの中でもケラチンやコラーゲンが配合されているシャンプーを選ぶことで、髪の毛を修復する効果が期待できます。


外側からもしっかり保護して美しい髪を手に入れる

毎日の正しいお手入れが髪のタンパク質を守る近道です。ヘアケアもスキンケア同様に、洗ったあとのケアが大切です。シャンプーのあとにタンパク質が流出してしまわないようにオイル系の美容液などでキューティクルをコーティングしてから髪をしっかり乾かしましょう。外的ダメージから髪をしっかり保護することで本来持っているハリ・コシのある健康的な美しい髪を手に入れることができるでしょう。


河瀬 謙介

ヘアスタイリスト・株式会社リー Creative Director

河瀬 謙介(かわせ けんすけ)

2012年カリスマ美容師達が最高の技術を披露し戦うバトル番組『The God Hand』出演。
2011/2012/2013millbonデザイナーズアビリティー3年連続受賞。神戸コレクション・TOKYO GIRLS COLLECTIONなど各コレクションでヘアメイクを担当。雑誌、TV、講演会など幅広いステージの第一線で活躍中。


タンパク質の基礎知識

今すぐはじめるタンパク質ケア


ページの先頭へ