タンパク質で美しい体格や体型を手に入れる|タンパク質研究所

タンパク質とボディケアの話

美しい体型へ導くにはタンパク質摂取と筋トレが重要。

長谷川浩久さん

ボディデザイナー 長谷川浩久さん

美しい体格や体型を手に入れるためには「引き締めのための筋トレ」「タンパク質メインの食事管理」「脂肪燃焼のための有酸素運動」の3つが必要。間違ったダイエットは、その後のリバウンドや体調の不良、モチベーション低下などを招くことにも繋がります。また生活をよりよく楽しむためには、ベストな状態をキープすることも大切。ボディメイクを極めた肉体改造専門の長谷川さんに美しい体型へ導く方法についてうかかいました。


体を引き締めるためには筋力トレーニングが必要

一般的に筋トレと聞くと、筋肉ムキムキの人がするトレーニングと思われがちです。実はそんなことはなく、むしろスタイルを気にする女性には筋トレが必要なのです。女性はもともと筋肉をつけるための男性ホルモンの量が、男性の1/20程度のため、トレーニングで筋肉ムキムキになることはありません。むしろ女性らしいメリハリあるしなやかな体づくりには筋トレが欠かせません。

同じ1kgの重量で脂肪と筋肉の体積を見てみると、筋肉の方が小さいです。ということは体重が同じだとしても体脂肪が多い人と筋肉量が多い人とではボディラインが非常に違ってきます。体を引き締めるためには一定の筋肉・筋力をつけて、エネルギーが燃焼しやすく、脂肪がつきにくい体づくりをすることが基本になります。


タンパク質メインの食事で
綺麗な体をつくる

現代の日本人女性は慢性的な運動不足に加え、偏った食事制限のダイエットによって、筋肉量が異常に少ない方が多くなっています。一見細く見えても体脂肪が多く、緩い体の人が増えています。

現代社会の食事環境を見ると、パンやケーキ、パスタといった炭水化物の食事に偏り、タンパク質の摂取量が少ない傾向にあります。しっかり筋肉をつけるためには、 肉や魚、大豆といったタンパク質をメインとした食事を摂ることが大切。近年、脂の多い食事や糖質を控えた食事が注目されておりますが、これはタンパク質を中心とする食事を推奨するものでもあります。 タンパク質メインの食事を摂ることで、筋肉のもとになる原料を補給し、筋トレと組み合わせることで美しい体型をつくることができるのです。


適度な有酸素運動で脂肪を燃焼

ウォーキング、水泳、ランニングといった有酸素運動は脂肪を消費させる運動。体に蓄積された脂肪を減少させ、よりよいボディラインにすることができます。筋トレの後に行う有酸素運動は筋肉が活性化しているので、脂肪燃焼効率も高まり、お勧めです。サプリメントの併用も有効ですが、あくまでも栄養を補助するためのものなのでサプリメントだけで完結させないように気をつけてください。適度な有酸素運動で脂肪を燃焼させ、筋トレとタンパク質中心の食事管理を合わせることで理想の体型を手に入れることができるのです。


長谷川 浩久

ボディデザイナー・株式会社RISING SHIFT代表取締役

長谷川 浩久(はせがわ ひろひさ)

2014年オールジャパンメンズフィジーク総合優勝。体格・体型の美しさを追求するボディメイクのための食事管理、筋力トレーニングを提唱。フィットネスクラブ運営でも活躍中。


タンパク質の基礎知識

今すぐはじめるタンパク質ケア


ページの先頭へ